当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています

日用品ファッション

【ATAO】薄くて軽い!人気長財布リモシリーズからコッコを購入

この度、10年愛用した財布から『ATAO(アタオ)』の長財布に買い換えました。

実はATAO(アタオ)の長財布、2年ほど前からず~っと気になっていたんです。

しかし、庶民な私にはこちらのお品はかなりお高い!

そして惹かれるデザインのものがたくさんあってなかなか一つに絞れない!

ということで、長い間購入を迷っていたのでした。

今回、私が購入したのは「limo(リモ)シリーズ」というL字ファスナーの薄型長財布。

リモシリーズにはステンドグラス模様のリモヴィトロ、パイソンレザーのリモパイソン、クロコタッチのリモコッコなど、いろいろな種類がありますが、私はその中からリモコッコを選びました。

この記事ではATAO(アタオ)の概要やリモシリーズの特徴、リモコッコを選んだ理由や使ってみた感想などを紹介します。

ATAO(アタオ)とlimo(リモ)シリーズ

ATAO(アタオ)は神戸発のハンドバッグ・財布ブランド

ATAOアタオラッピング

ATAO(アタオ)は神戸のファッションエリア旧居留地から始まった日本のハンドバッグ・財布ブランドで、2006年に設立された株式会社スタジオアタオが運営しています。

日本の職人たちの手仕事によって一つひとつ丁寧につくられるバッグや財布は、トラッド&エレガントな洗練されたデザインで女性たちの話題を呼び、着実にファンを増やしています。

毎日使うものに新しいスタンダードを

トレンチコートを着こなし、神戸の街を歩く女性――。
色あせない“定番”を愛し、自分らしい”スタイル“を持つそんな女性のイメージから ATAOは誕生しました。 

ATAOのあゆみ|ATAO公式サイト

類似品や偽物に注意

ATAO(アタオ)の商品は人気が高いので、デザインや形態を盗用した類似品やコピー商品(偽物)がたくさん出回っています。

【注意】ATAOと誤解を招くようなブランドにご注意ください|ATAO公式

きちんとした正規品を購入したい時は、公式が運営しているオンラインショップ(本店・楽天市場支店)や直営店を利用しましょう。

limo(リモ)シリーズの特徴

ATAO(アタオ)リモシリーズの特徴は、以下の3つです。

  • 薄さ
  • 軽さ
  • 収納力

薄さ

財布の中身を全て抜いた場合の厚みは、素材によって異なりますが、約1cmです。スマートフォンと同じくらいの薄さです。

軽さ

素材によって多少変わりますが、平均的には115g~140gです。一般的なスマートフォンよりも軽いです。

収納力

シリーズによってポケットの数や背面ポケットの有無が異なりますが、定番モデルのリモケリーの収納スペースは、次の通りです。

  • コインポケット×1
  • カードポケット×8
  • フリーポケット×1
  • フリースペース×1
  • 背面ポケット×1

公式サイトによると、カード類は25~30枚入れることができます。また、中身が多くても財布が膨らみにくいのがリモシリーズの特徴です。

リモヴィトロとリモパイソンを諦めた理由

リモヴィトロ

ATAO(アタオ)の財布と言えば、ステンドグラス模様の『limo(リモ)ヴィトロ』を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

リモヴィトロはATAO(アタオ)の長財布の中でも人気の高いシリーズで、ステンドグラスのようなビジュアルが特徴です。

エナメルレザーに型押し加工を施した仔牛革を使用しており、色つけはイタリアの専門の職人が手仕事で行っています。レザーの窪みに1滴ずつ色を流し込むことで、繊細で緻密なグラデーションが実現しています。

 

キラキラでかわいくて…私も一番初めに欲しい!と思ったのはリモヴィトロのアドリアエメラルドでした。

とにかく色合いが絶妙に好みだった!

商品紹介の画像は実物よりかなり明るく写っているようで「イメージと違う!」というレビューも多いみたいですが、私は多少くすんだ色でもそれはそれで落ち着いてていいなと思っていました。

しかし、できれば長く使いたいと考えた時、果たして数年後に自分はこのデザインの財布を違和感なく持てるのか?という思いに行きつきました…。

もちろんいくつになっても派手なデザインが似合う素敵な女性はたくさんいらっしゃいますが私には無理かもしれない…。

最後まで悩みつつ、後ろ髪惹かれる思いで諦めました。

リモパイソン

limo(リモ)パイソン』は希少性の高いダイヤモンドパイソンの革を使った、ダイヤモンド柄の大ぶりな鱗模様が特徴。

カラーリングにもこだわっており、トラッドな印象ながら、優しさも漂うニュアンスカラーが魅力です。

 

リモパイソンは「育てる楽しみがあるレザー」と言われる、使うほどに味わいが増してくるお財布だそう。

元々レザー製品は好きなのでそこにはかなり惹かれました。

しかしこのパイソンレザー、ネットで画像を探してみるとなかなか育てるのは難しそう…。

「育ってる」と「汚い」は紙一重、という印象です。

商品紹介画像のスタッフさんの私物財布はつやつやでとても素敵な感じに写ってるんですが、初心者がここまでキレイに育てるのは至難の業かも。

一歩間違うと薄汚れた感じに見えてしまうというか…水濡れにも弱い(シミになる)みたいだし、結構気を使わないといけません。

ズボラな私にはちょっとレベルが高すぎる財布なのかなと尻込みしてしまいました。

リモコッコの特徴と選んだ理由、使ってみた感想

limo cocco (リモ コッコ)
ATAO KOBE

もうどれにするか悩むのに疲れてきてATAO(アタオ)の財布自体諦めようかと思っていた時、ふと目に留まったのがlimo cocco (リモコッコ)でした。

リモコッコは艶や香り、色の変化を楽しむことができるイタリアンレザーを使ったクロコタッチの長財布。

陰影のある濃厚なラセットブラウンのカラーが味わい深く、流行に左右されない長く愛される質感と、男女問わず持てるすっきりとしたフォルムが特徴です。

リモコッコに一目惚れした理由

一目見て気に入りました!

落ち着いたデザインで長く愛用できそうだし、牛革なので使っていくうちにきっと味わい深い風合いになっていくはず。

はじめから光沢のある仕上げ加工がされていて、パイソンほど育てるのが難しくなさそうなのも購入の決め手になりました。

これまで悩んでいたのがウソのような即断即決。

そして我が家に届いたのがこちらのリモコッコです↓

届いたATAO(アタオ)リモコッコ

うん、素敵。

ほかのいろんなリモコッコの画像と見比べてみるとかなり大きめの模様のものがうちの子に選ばれたようです。

リモヴィトロなどもそうですが同じ商品でも同じ模様にはならないらしい。

それがまたオンリーワン感があっていいのかもしれませんね。

ただ、ネット通販では色合いや模様を自分で選べないのが難点です。

どうしても色合いや模様を自分で選びたい!という方はATAO(アタオ)の実店舗に足を運んで実物を見比べて購入した方がいいと思います。

使いやすさと薄さが魅力のL字ファスナー長財布

この財布の魅力は何といってもその薄さです!

届いたATAO(アタオ)リモコッコの薄さ

薄い!軽い!

何も入ってないと本当にぺったんこです。

中身を抜いた状態のこれまで使っていた財布と比べてみても、重さは約50g、厚さは倍以上違いました。

届いたATAO(アタオ)リモコッコとこれまで使った財布との比較

やっぱり中の小銭入れにファスナーやマチがついてないのが薄さの秘訣なんでしょうね。

ファスナーなしで本当に小銭が飛び出したりしないのか、小銭を入れて財布を閉じ上下左右に振ってから開いてみましたが特に飛び出したりこぼれたりということはありませんでした。

よくできてますね~。

 

プレート状の持ち手も気に入りました。

けっこうずっしりというかしっかりしてて壊れたりもしにくそうです。

届いたATAO(アタオ)リモコッコのファスナー持ち手

ファスナーも開けやすいし、とても使いやすいです。

気になる内側の素材と収納力

しかし…個人的には財布の内側の素材(ベージュの部分)が気になります…。

届いたATAO(アタオ)リモコッコ小銭入れ

特に小銭を入れる所、絶対黒く汚れる…。

しっとりしたコットン素材で手触りは最高なんだけど、だからこそすごく汚れが付きそう。

出来れば初めから汚れが目立たない黒い色の生地だったらもっとよかったかな。

(当ブログの記事)財布の中の汚れを防ぐ!OPP袋とクラフト紙を使ってATAOの長財布を保護

あと、真ん中の6枚のカードケースと小銭入れの間のスペースにはあんまり領収書やカードなどは挟まない方がいいかなと思いました。

私の使い方のせいかもしれないけど、小銭やカードを出すときに財布を手前に傾けてしまうとそこに挟んであるものがバラバラと落ちて散乱するという悲惨な目に遭うかもしれません。

私は遭いました。皆様ご注意を。

 

さて、肝心の収納力はというと…

届いたATAO(アタオ)リモコッコ

これまでの財布に入っていたものをとりあえず全部詰め込んでみました。

ちょっとぷっくりしすぎ?

これまで使っていたのがかなり大容量な財布だったのと小銭が多かったからかな。

カード22枚とお守りやアクセサリーなんかも入ってます。

しかし入るもんですね!

収納力については概ね満足。

ただこのままではせっかくのスリムな財布がちょっと不格好なのでもう少し中身を減らして使いたいと思います。

財布がパンパンになってしまう原因って大体がカードだと思うので、カードが多い方は別にカードケースを持つなどした方がいいかもしれません。

私はカードケースを別にするのは面倒だしかさばって嫌なので意地でも財布一つにまとめます(笑)

リモコッコの革の香り

あとは気になっている方も多いかもしれない『革の香り』について。

ATAO(アタオ)がリモコッコの商品説明のトップにアピールしているのが革の香りです。

もうこれは実際に嗅いでみてもらわないとわからないと思うんですが、個人的には革の香りの中ではとても好きな部類です。

商品の説明で香りについての記述が結構目立っていたので、相当強烈なニオイなのかと思いきや、主張しすぎない落ち着いた香り。

ただ、やっぱり好き嫌いはあるかもしれない。

まだ新しいということもあってか財布を持った後は手にしっかり革の香りが移ります。

革製品好きなので私は全然気にしないけど、不安な方は実際の店舗で実物のニオイも確認されるといいかもしれません。




リモコッコの口コミ・レビュー

ATAO長財布リモコッコの口コミ・レビュー

販売サイトに寄せられたレビューではほとんどが★4以上の高評価。

「便利」「使いやすい」といった意見が多く、リモヴィトロと違って色の出方に対するイメージ違いなどは少ないようです。

まとめ

atao(アタオ)長財布リモコッコ

神戸発のハンドバッグ・財布ブランドATAO(アタオ)の人気シリーズlimo(リモ)は、薄くて軽くて収納力抜群の長財布です。

色やデザインにこだわったヴィトロやパイソンは魅力的ですが、私は落ち着いた色合いと使いやすさに惹かれてコッコを選びました。

実際に使ってみると、内側の素材が汚れやすいのが気になりましたが、デザインや機能性は非常に満足しています。

私が財布に求めていた条件は

  • 長く使えるデザインであること
  • たくさん収納できること
  • 使いやすいこと
  • レザー製品であること

だったので、リモコッコは想像していた以上に希望に合う理想的な財布でした。

もしかしたら使っていくうちに不具合や気に入らないところも出てくるかもしれないのでその時はまた追記しますけどね!

ともあれ現時点ではかなり満足度の高い買い物ができたと思っています。

あとはこのリモコッコのイタリアンレザーがどのように育っていくかが楽しみだなぁ。

ねむ子
ねむ子

リモヴィトロのアドリアエメラルドにはあと10年早く出会いたかった…リモコッコは今のがボロボロになったらまた同じものを購入したいくらいには気に入ってます。




参考にさせていただいた記事・サイト

ATAOベル・ヴィトロの感想|小銭も入る多機能キーケースの魅力
ATAO(アタオ)の多機能キーケース・ベル・ヴィトロの使い方や感想を紹介します。小銭やカードも入るセカンドウォレットとして便利なアイテムです。色やサイズ、キーリングのつけ方などの注意点や工夫もお伝えします。
この記事を書いた人
ねむ子

できるだけ家事はしたくないナマケモノ。
寝るのが大好き。
今我が家に一番必要なのは多分ハウスキーパーさん。

ねむ子をフォローする
にじれぽ
タイトルとURLをコピーしました