食品

楽天市場の冷凍あんこう唐揚げはまずい?自分で作る方法と比べてみた

楽天市場では、毎月1回ほど買い回りでポイントがたまるセールが開催されます。購入店舗数に応じてポイントの倍率が上がるので、つい余計な買い物をしてしまいます。

最近買って失敗だったのがスーパーセールで半額になっていた『冷凍あんこう唐揚げ』です。

通常は600グラムで3000円弱のところが、セールで1600円(送料込)程度になっていました。

普段は調理しやすく値段も安い肉類ばかり食べているので、長期間保存できる上に揚げるだけで簡単に魚を食べられるのは魅力的だと思い、ポイント対策も兼ねてとりあえず買ってみました。




楽天市場で買った冷凍あんこう唐揚げの感想

楽天市場で買った冷凍あんこう唐揚げ

届いた冷凍あんこう唐揚げを早速開封してみました。あんこうの身に唐揚げ粉がまぶされてカチコチに凍った状態です。

身はかなり肉厚でとても美味しそうでした。

しかし、記事タイトルの通り今回は不満な感想です。なので、購入店名などは伏せます。

ただ、転売屋や粗悪なお店ではなく創業100年以上の老舗魚問屋で、あんこうも下関で獲れたものです。

冷凍あんこう唐揚げの調理方法

どうやって揚げればいいのか分からなかったので、とりあえず商品に同梱されていたおすすめ調理方法に従って、凍ったまま160~170℃で4~5分間揚げてみました。

冷凍あんこう唐揚げを揚げる

揚げ終わった冷凍あんこう唐揚げ

揚げあがりはこんな感じ。

きれいなきつね色で身もふっくらしています。見た目は本当に美味しそうです。

これは絶対に美味いはずとワクワクしながら食卓に運びました。

しかし…

冷凍あんこう唐揚げの味

味は水っぽくて臭みが強く、あまり美味しくないというか、まずいです。

一口かじった時にまず口の中に広がったのは「生臭さ」でした。

食べられないほどではありませんでしたが、臭いのは臭かったです。さらに冷凍だからか水っぽくも感じました。

食感もファサファサした感じであまり良くはありません。もう少しきめ細かくてしっとりしていると思っていたのですが…。

タラの身に似ていますが、もっと臭みが強くて水っぽい感じでした。

これまで唐揚げにして食べたことはないけれど、鍋で食べたあんこうは臭みが少なく美味しい上品な白身魚という感じだったので、今回の味には本当に驚きました。

相方は一口食べて「まずっ!」と言ったきり全く手をつけず…。

捨てるのはもったいないのでなんとか私一人で食べきりましたが正直辛かったです。




自作あんこう唐揚げの作り方と味

それから約1か月後。

いつも行くスーパーでたまたま鍋用のあんこうの切り身を見つけました。普段は売っていないので珍しいと思います。

値段は1パック500円くらい。高級魚、高級食材と言われるあんこうなので安くはありませんね。

スーパーで買ったあんこう鍋用あんこう

冷凍あんこう唐揚げのものより骨が多く食べられる部位も少なそうでしたが、自分であんこう唐揚げを作ればあの嫌な臭みを消せるかもしれないと思い買ってみることにしました。

下処理(霜降り)と下味で臭みを消す

あんこうの身に塩を振って揉んだ後で熱湯をかけて臭みを抜く

まずは下処理を行います。

あんこうに塩を振って揉んだ後に熱湯をかけ、しばらく置いてからぬめりや汚れをきれいに取り除きます(霜降り)

魚の臭みを取りたい場合は必ず霜降りをしたほうがいいです。

魚の下ごしらえ、霜降りのやり方/方法|白ごはん.com

次に下味をつけます。

下処理をしたあんこうをしょうゆ、酒、しょうが、ニンニクを混ぜたタレに漬けます。

しょうがにんにく酒しょうゆを混ぜたものに臭みを抜いたあんこうの身を浸ける

タレは鮮度が良いものなら素材の味を楽しむためにも薄めに、古いものなら臭み消しを重視して濃く作るといいと思います。

片栗粉をつけて竜田揚げ風のあんこう唐揚げに

20分くらい浸けた後、タレを捨てて片栗粉をまぶして準備完了です。

片栗粉だけを使っているので唐揚げというよりは竜田揚げのような感じかもしれません。

下味をつけたあんこうの身に片栗粉をまぶす

本当は1個ずつきれいに粉をまぶしたほうがいいのですが、面倒だったので適当に粉を入れて混ぜました。

前回と同じ条件にしたかったので、冷凍あんこう唐揚げと同じ温度と時間で揚げてみました。

あんこう唐揚げを揚げる

しかし、調べてみると魚を揚げる場合は最初150~160℃くらいでじっくり揚げた後、高温でさっと二度揚げすると、場合によっては三度揚げすると美味しく調理できるそうです。

魚の唐揚げを骨までカリッと揚げるコツ!硬い背骨は骨せんべいにも|お魚 WEB-mag

自作あんこう唐揚げの味は?

自分でつくったあんこう唐揚げ

揚げあがりはこんな感じ。

タレに漬けたのと片栗粉だけだったからか冷凍あんこう唐揚げよりも少し色が濃くなりました。黒っぽいのは焦げではなく皮部分です。

鍋用で骨が多く身が少ない切り身だったのでやや見劣りします…。

見た目は冷凍あんこう唐揚げの圧勝ですね。

しかし、肝心の味はと言うと…

こちらは自作あんこう唐揚げの圧勝!

まず臭みがほとんどありません。どの部分を食べてもほとんど臭みを感じませんでした。

そして水っぽくなく、外はサクサク中はしっとりの食感で旨味もぎゅっと詰まっています。

楽天の冷凍あんこう唐揚げと自作あんこう唐揚げで、なぜこんなに味が違うのか…。

魚の唐揚げの中ではトップクラスの美味しさだと思いました。

ただし、中骨は一度揚げるだけでは硬くて食べられませんでした。残しておいて二度揚げしたらカリッと食べられました。

あんこう唐揚げの硬い骨はもう一度揚げると美味しく食べられた

香ばしくて食感も良くて美味しかったです。

最初から二度揚げしていればもっと美味しく食べられたかもしれませんね。

まとめ

現在は冷凍技術が発達して昔よりも美味しい冷凍食品が増えています。

しかし、今回楽天市場で購入した冷凍あんこう唐揚げは予想以上にまずくて少し残念でした。

油の温度や時間などを調整したり、マヨネーズなど臭みを消す調味料と合わせて食べればもう少し美味しく食べられるかもしれませんが、それでもやはり自分で作った方が断然美味しかったです。

大事だと思ったのはやはり下処理です。多分霜降りを行うことで臭みが消えたのだと思います。

それほど手間はかかりませんし味は絶品なので、良さそうなあんこうの切り身が売っていたらぜひ試してみてください。

次回はタレをもう少し薄めにして、小麦粉と片栗粉を混ぜて、二度揚げで調理したいと思います。




この記事を書いた人
ガガ

スポーツや読書、料理、調べものが趣味。
野球とサッカーは観戦するのもプレーするのも好きです。
TVはスポーツやアニメ、大河ドラマ、ドキュメンタリーなどをよく見ます。
料理は作るのも食べるのも好きですが甲殻類アレルギー持ちです…。

ガガをフォローする
にじれぽ
タイトルとURLをコピーしました