アンティーク調のペーパーブランクススケジュール手帳とライフ3年連用日記をレビュー

ペーパーブランクス手帳とLIFE3年連用日記

今年も残すところあとわずかとなりました。

この時期にいつも楽しみにしているのが来年度用のスケジュール手帳選び。

スケジュールの管理もお金の管理もスマホで簡単にできてしまう時代ではありますが私は未だに手帳は紙のものを愛用しています。

毎年色々なところを回って好みの手帳を探すのが秋冬の恒例行事。

今年は『和気文具』でなかなか良い商品を見つけたので紹介したいと思います。

『和気文具』でスケジュール手帳と3年連用日記を購入

人気老舗文具店『和気文具』

和気文具

『和気文具』は1926年創業の老舗文具店。

「JOIN US STATIONERY HOLIC」という願いを込めたワードを掲げて楽しい文具の使い方を丁寧に提案、発信しているだけあって実店舗にもネットショップにもこだわりのアイテムが揃っています。

和気文具に並ぶアイテムは、文具が大好きなスタッフが世界中から選び抜いた逸品揃い。
使いやすさ、書きやすさ、心地よさ、デザイン…和気文具独自の目線で集められたアイテムは「普通の文具屋さん」とはちょっと違ったこだわりのアイテムがたくさん。

和気文具小冊子より

オリジナル商品も多数あり色々と目移りしてしまいますが、選ぶ楽しさを味わえるのもアナログアイテムのいいところ。

さらに和気文具では文房具愛溢れるスタッフさんによる手帳のデコレーションアイデアやアレンジ術などが公開されていて、ますますスケジュールの書き込みに意欲が湧いてきます。

和気文具は大阪市にある実店舗のほかウェブにて和気文具本店、楽天市場店、ヤフーショッピング店を出店中。

私は今回楽天市場店を利用しスケジュール手帳と3年連用日記を購入しました。

和気文具のペーパーブランクス手帳とLIFE3年連用日記

ペーパーブランクスの洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)

まず私が選んだのは『ペーパーブランクス』のスケジュール手帳(ダイアリー)の「ターコイズ」。

ペーパーブランクス洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)ターコイズ

まるでアンティークのような洋書風の装丁があまりにも素敵で一目惚れしてしまいました。

ペーパーブランクスはカナダの出版社が”日常使いの完璧なノート”を作るために立ち上げたブランドで、出来上がるノートはどれも職人の手作業による丁寧な仕上がりが特長です。

ペーパーブランクス洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)ターコイズ

この「ターコイズ」は1514年にパリのサレル製本所によって発行された「Chroniques(年代記)」という書籍の装丁がもとになっており、ルネッサンスの装飾様式が反映されたデザインになっているそう。

緑がかった青のカラーは最高に好きな色。その上にゴールドの箔押しがとてもきれいです。

表紙の手触りは何となくしっとりしていて手に馴染みやすく、上質な紙が使われている感じ。

手に取った瞬間、ますます気に入りました。

ペーパーブランクス洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)ターコイズ背表紙

背表紙にもしっかりと細かいデザインが。

かわいい。

平置きしても本棚に立てておいても見栄えがします。

あまりに美しい表紙だったために、その上に直接商品シールが貼られていることに思わずギョッとしてしまいましたが…

ペーパーブランクス洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)ターコイズ表紙のシール

このシールは低粘着タイプで表紙を傷めることなくきれいにはがす事ができました。

ペーパーブランクス洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)ターコイズ表紙のシール

そりゃそうだと思いながらもホッ…。

緊張の瞬間でした。

ペーパーブランクス洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)

中身は見開き1か月の月間ブロックのあとに週間スケジュールとノートページが続くレイアウト。

ペーパーブランクス洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)

前半に1年分の月間ブロックがかたまっているタイプではなく、ひと月ごとに月間と週間が交互に入っています。

オーソドックスで使いやすそうですね。

裏表紙の内側(見返し)にはポケットと付録のミニノートがついていました。

ペーパーブランクス洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)ポケット

ポケットは紙製なのに割としっかりしていて便利そう。

手帳をデコレーションするシール類や付箋、テンプレートなんかを入れておこうかな。

ペーパーブランクス洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)付録別冊ミニノート

ミニノートにはテレフォンガイドやトラベル外国語集などが載っています。

ペーパーブランクス洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)付録別冊ミニノート

このアナログ感、味があってなかなかいいですね。

ひとつだけ気になる点は2本のしおりの雰囲気がちょっと浮いてしまっていること。

ペーパーブランクス洋書風スケジュール手帳(ダイアリー)ターコイズしおり

このリボンの質感(素材)自体もちょっと合ってないなと思うんですが何より色が…。

せっかくこだわり抜いたノートなんだし、しおりも表紙の色に合わせてターコイズなら青とか緑っぽい色の紐にするのはどうでしょう。

そうしたらもっと一体感のあるコーディネートになりそう。

赤系の表紙なら赤のままでもいいと思います。

ペーパーブランクスはダイアリーアンケートを行ってユーザーの意見を取り入れた商品づくりをしているそうなのでいつかそんな変更があれば嬉しいですね。

ペーパーブランクススケジュール手帳「ターコイズ」の口コミ・レビュー

ペーパーブランクススケジュール帳「ターコイズ」のネットショップでのレビューはほとんどが★4以上の高評価でした。

  • カバーの模様が本当に素敵
  • 紙質がいい
  • 魔法の本みたいで気に入っている
  • 毎年違う柄を探すのが楽しみ
  • 1年間頑張ろうとテンションが上がる
  • 描き込みやすいし裏うつりしない

などなど、どれも好意的な意見。

皆さんデザイン、機能ともにとても気に入っているみたいですね。

私がこの手帳を購入した和気文具では名入れサービスを行っているのでその点を魅力に挙げている方も多く、プレゼントにも喜ばれているようでした。

確かに名入りでプレゼントされたら嬉しいですね。

毎年いろんな柄を選んでコレクションしていくのも楽しそう。

10年以上このシリーズを愛用されている方もいらっしゃるようです。

このシリーズはほかにもいろいろなバリエーションが展開されていて、どれも素敵なデザインなのでぜひチェックしてみてください!

LIFE3年連用日記 (こげ茶)

LIFE3年連用日記

もう一つ、和気文具でスケジュール帳と一緒に購入したのが、昭和24年に設立された老舗文具メーカー「ライフ株式会社(LIFE)」の3年連用日記(こげ茶)です。

これまでは特に日記をつける習慣はなかったのですが、少し大人になってこれからは未来の予定だけでなく過去の記録もある程度残しておかないといけないなと思い、日記の購入に至りました。(要は物忘れがひどい)

連用日記とは1冊で数年分の記録を残せる日記のことで、3年連用タイプは3年間の同じ日付の日記を同じページに書き込むことができます。

LIFE3年連用日記

連用日記も各メーカーからいろいろなタイプのものが発売されているのですが私はまずLIFEの日記帳のデザインが気に入りました。

革風のブラウンにゴールドの装丁。古書のような雰囲気と重厚感が最高です。

LIFE3年連用日記背表紙

背表紙も凝っててかっこいい。

落ちついた書斎に似合いそうなクラシカルで渋いデザインは日記を続けるモチベーションを高めてくれそうです。

そしてなんと言ってもLIFEの3年日記の一番の特徴は、厳選された良質なパルプで作られたLライティングペーパーというオリジナル筆記用紙!

「書く」「触る」「見る」という“紙” の原点に回帰して生まれたLライティングペーパー。
書き心地、さわり心地、色調…全てにおいて、こだわりぬいた本格ステーショナリー用紙です。
インキによるにじみや裏抜けも少なく、サラサラとした書き味が特徴です。長考・熟考した思案を一気に書き留められるペン先が吸い付くような滑らかさ、そして素材としての紙の質感を存分にお楽しみください。

ライフ株式会社公式HPより

繊維が均一で紙の表裏差がほとんどないらしく、滑らかなタッチで書き心地抜群です。

LIFE3年連用日記Lライティングペーパー

インクの裏抜けも少ないみたいなので特に万年筆との相性がいいのかもしれないですね。

さらに、この紙にはエンボスではなく透かしの技法を取り入れた簀目すのめレイド模様が施されていて、長時間の使用でも目に優しい仕様になっているんだとか。

LIFE3年連用日記Lライティングペーパー簀目レイド模様

光に透かすと高級紙のシンボルともいえる風合いのレイド(縞模様)が浮き出てきます。

こだわりの詰まったオリジナル用紙はとても書きやすくて非常に気に入りました。

 

「LIFE3年連用日記(こげ茶)」の購入で1点だけ失敗したなと思ったのはサイズを間違えてしまったこと…。

この日記には実はB6とA5の2サイズバリエーションがあったんです。

前出のペーパーブランクスの手帳がB6くらいのサイズだったので同じ大きさに揃えたかったのですが、2サイズあることに気付かず一回り大きいA5サイズを購入してしまいました。

A5サイズもそれはそれでボリューム感があっていいんですけどね。

自分のうっかりでちょっと惜しいことをしてしまいました。

購入を検討されている方はぜひサイズにご注意を!

LIFE3年連用日記(こげ茶)の口コミ・レビュー

ペーパーブランクスのスケジュール帳と同じく、LIFE3年連用日記のネットショップでのレビューもほとんどが高評価でした。

  • 紙質がいい
  • とても書きやすくデザインも素敵
  • 気軽に続けていけそう
  • 重厚感がありページも見やすい
  • これ以上の満足がないと思う

などなど…。

家族とコミュニケーションを深めるための交換日記として使っている方もいて、なるほどな~と目からうろこが落ちました。

アイデア次第で自由に活用していくのも面白いですね!

まとめ

スマホアプリのスケジュール管理やメモは機能も豊富で修正も簡単。

しかし、紙のスケジュール帳や日記帳にもたくさんの良さがあります。

過去の出来事から今後の予定までをパラパラっとめくるだけで確認できる一覧性の高さや頭の中に浮かんだことを直感的にアウトプットできる自由度、そして何より自分が気に入ったデザインの手帳はテンションを高めてくれます。

さらに、ペンを握って文字を書くことは脳機能の低下を防ぐ効果があるんだとか。

現代人にとっては、メモを取るよりも、スマホで記録したほうが早いのでは、と考える人も少なくないでしょう。けれど、そんな時代だからこそ、アナログな方法を強く推したい理由があります。
その理由は、文字を書くには、手を使い、ペンを握ることで指先を繊細に動かすため、脳はとても集中するという事実です。文字を書くという行為には、脳をフル稼働させる効果があるのです。
一方で、パソコンやスマホに文字を打ち込むときは、指先は決まった法則に従って動かせばいいだけなので、脳は働きません。

脳機能の低下を防ぐには「手書き」が有効だ 「あれなんだっけ」が増えていませんか? |東洋経済

そんなわけで私はずっとアナログの紙手帳を愛用しています。

今回購入したペーパーブランクスのスケジュール帳とLIFE3年連用日記はデザイン、品質ともにとても満足できるものでした。

アンティークのような装丁、高級感があって書き心地のいい紙、どれも気に入ってもうすでにリピートを確信しています。

日記はそんなに長い期間書いたことがないのでちゃんと続けられるか心配ですが、まずは日々の出来事を箇条書きにでもして軽い気持ちで継続していけるように頑張ろうと思います。

ねむ子
ねむ子

もともと文具好きだったこともあって、これを機会にますます文具の魅力にはまりそう…

参考にさせていただいた記事・サイト

タイトルとURLをコピーしました